2020.10.27

Column

〜サクッと読める今これシネクリ〜
映画で、人生をリセットする心の旅へ

クリスピーサンドを片手に楽しみたい、おすすめのおうち映画をご紹介

今回のテーマは「旅」。

クリスピーサンドを片手に、おうちで旅気分を味わう映画はいかがでしょう。

「旅」のおすすめシネクリは、ジュリア・ロバーツ主演の『食べて、祈って、恋をして』(2010/アメリカ)。
世界中で支持を得るジャーナリストが自身の旅を綴ったベストセラー小説を映画化したものです。

味わい深いセリフ
I wanna go someplace where I can marvel at something.
「新しい場所で何かに驚かされたいの」

“今の人生って、わたしが本当に望んだもの?”
がむしゃらに突っ走ってきた20代が終わり、気がつけば30代。

価値観のちがう夫も、新しい恋人も、仕事も、
すべてを捨てた主人公エリザベスは、
自分らしい生き方を求めて、世界を巡る旅へ。

イタリアで「自身を表す言葉」を聞かれますが、
うまく答えられません。
旅の果てに答えは見つかるのでしょうか。

行く先々で、食べて、祈って、恋をして。
心を豊かにしてくれる、数々の出逢いが待っていました。

ストーリー
ニューヨークでジャーナリストとして活躍するエリザベスは、離婚や失恋の経験から、35歳で人生をリセットするために旅に出ることを決意する。食の魅力にあふれるイタリア、瞑想にひたるインド、そして神秘の島・バリ島では運命的な恋に落ちるが……。

[映画情報]
『食べて、祈って、恋をして』
デジタル配信中
Blu-ray 2,381円(税別)/DVD 1,410円(税別)
発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

 

あなたを表す言葉はなんですか?

どれほど仕事が充実していても、忙しくても、
自分を見つめ直す時間は大切。

バックパックと身ひとつで世界を巡るエリザベスの姿に
自分を重ねながら、心をリセットしてみては。

それではクリスピーサンドを片手に、素敵な旅のひとときを。

 

Produced by. Filmarks
『食べて、祈って、恋をして』の詳細や口コミはこちらから
https://filmarks.com/movies/20328

BACK TO HOME

TOP